2016年11月26日

営業職に転職を考えている場合の注意点

営業職に転職するためには、経験した人であれば前職での営業の経験を材料にして、営業の実績や仕事に貢献した事などについて、はっきりと時系列に沿ってアピールする事が大切です。
前職でどのような内容の商品を売って、契約件数や売上件数や前月との売上の比較をアピールします。
また、個人か法人かの対象となる顧客先を把握して、営業の手法に関する詳細も具体的に述べると印象が良くなります。
営業の手法に関して、既に存在している会社を中心としたルート的な手法か、新規の会社を開拓する飛び回りの手法なのかを把握しておきます。

多くの会社では様々な営業戦略があって、営業戦略の手法を説明したり、どういうコミュニケーションのやり方で開拓をしたのかを伝えます。
さらに、営業の仕事においての独自的な工夫やアプローチの仕方などをアピールしておくのも良いです。
コミュニケーションのスタイルは、ただ単に積極的に話しかけて、信頼関係を築くだけではありません。

しっかり相手の話を聞いて、相手のニーズを聞きながら、相手の意向を叶える形でコミュニケーションを行う手法もあります。
応募しようとしている会社に対して、自分の得意とするコミュニケーションの手法を具体的に述べる事が大切です。

実績を提示する場合に、単なる数字だけにとどまらずに、仕事の工夫や顧客からの評価などをの具体的な事を伝える事が印象を良くします。
自分なりの戦略と能力をアピールするために、具体的な仕事のエピソードを伝えます。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

自分の意思を決める能力を付けることが大事である

転職には意思を決定する能力が重要で、意思を決定する事が上手な人は、決定する際の核心の部分を理解しています。
希望先の職業に転職できている人は、当然意思を決定する能力が高くて、直ぐにキャリアアップにつながりやすい行動を取る傾向です。

転職先を決める場合に、キャリアコンサルタントからとにかく情報を得る事を考えます。
希望の職種に就けた人に関して、転職後のリスクに関しては、臆する事を考えていないです。

意思を決定する点がコントロールできれば、リスクがあったとしても自分で対応できるという事で、責任感を感じながら仕事に打ち込めるやりがいをもたらせる可能性も高いです。

意思の決定が出来る人は、年齢に関わらず取引先などへの提案を独創的に行っている場合が多いです。
最終的な権限などは会社にあったとしても、お客様の担当になれば自分で直ぐに取引などを決定しなければならないです。
つまり、日頃からの仕事において、意思を決定する場面が多いならば、ビジネスに関する熟練の度合いは増します。

意思の決定が出来ない人は、自分のキャリアに基づいて会社を決定できない傾向です。
特に他人に依存する傾向で、親や友人からの助言で決めたり、会社の都合で内定が出たという理由で転職する場合が多いです。

意思を決定する能力は、転職活動を始めてからではなかなか身に付ける事は困難です。
従って、希望の職種に就けることを鑑みる場合は、前職で意思を決定する能力を積極的に身につけていく事が大事です。

2016年10月25日

希望の転職先を見つけている人の質問の上手さ

転職が上手く行っている人は、希望している会社の状況を理解できている事が第一条件です。
会社の状況を理解するためには、自分一人だけの情報収集だけではなかなか会社を理解する事ができません。
従って、会社の状況を良く理解している人材紹介会社を利用します。

人材紹介会社で会社の状況をさらに把握して、他の人と差別化することで、情報を探りながら会社にアピールをしていきます。
希望の職種に就けている人は、会社の経営手法などの様々な分野において、把握する情報や質問しようとする情報が整理されている傾向です。

結果的に、十分な会社研究に時間を割いて、会社のことをさらに知りたいという意欲があって、質問を投げかけてくる事が多いです。

一般の転職者の質問は、会社の待遇や仕事内容ややりがいといった誰でも質問できそうな質問を投げかけます。
しかし、十分に研究していて希望の職種に転職できた人の場合は、希望する会社の核心を突く質問を投げかける場合が多い事が特徴です。

一般の転職者の質問の内容に関しては、様々な情報の媒体で習得をしていて、仕事内容などの簡易な質問は投げかけない場合が多いです。

会社に対するイメージを独自的に立てて、自分のイメージの中で欠けている部分だけを中心に質問する傾向です。
会社や求人情報があまり上手くない人は、他を責めるという観点を持ってしまう傾向なので、優先する事は会社の情報を丹念に調べて、会社の全体像を掴んでいく事です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。