2016年12月17日

転職は結果的にメリットをもたらすのか?

現在の日本では、景気の回復と様々な業界で人手不足の要素があって、転職市場においては着実に拡大しています。
様々な業種や職種への門戸が広がっていて、自由に選びやすいという観点から、転職をする事自体は、昔と比較にならないほどメリットの部分が大きくなっています。

様々な業界において、企業の採用意欲が旺盛なので、転職は一般的に行われていて、ネガティブに考える必要がなくなりました。
但し、あらゆる企業に転職をしたとしても、必ずしも賃金の上昇につながったり、仕事の成功などにつながる事はない事がデメリットです。
転職を繰り返す事で、勤続年数が短い人ほど従来の待遇の体制によって、経済の部分に関して言えばデメリットが格段に大きいです。

一方で、転職を行う事で、本当に自分がやりたかった一貫性の仕事に打ち込めることが出来て、専門性を築き上げることで収入の増加につながる可能性がある事です。

転職後において、仕事をやりたい事とできる事が噛み合ってくれば、成功へつながる一歩であって、職を転換した事によるメリットを享受できます。
しかし、転職後に仕事としての軸が明確でなくて、将来的に考えている事や仕事としての軸がずれてくる場合は、結果的にデメリットになる可能性は高いです。

転職は結果的にメリットを持たす部分もあれば、仕事などが上手く行かないなどのデメリットの部分があるという事です。
従って、デメリットと感じた場合にデメリットを享受しながら、メリットとなる行動を自分で考える事です。

2016年12月15日

転職でエリートへの道に進む場合と落ちこぼれになる場合

転職を果たして新しい仕事を始めた場合に、長期的な視点でエリートへの道に進む人もいれば、落ちこぼれになっていく人もいます。
転職者同士を比較して、それまでのビジネスの経験やキャリアによって差がついています。
仕事の経験を積んで、ビジネスのエリートとして高い仕事の専門性と市場価値を持っている人は、当然ながらエリートの会社に転職を考えます。

そして、会社も応募者の高品質な市場価値を購入して、高い報酬を与えます。
結果的にビジネスのエリートの人は、エリートの会社に転職を行う事で、賃金が増加していきます。
一方で、ビジネスのキャリアが少なくて、在籍していた会社から別の会社に転職した人は、新しい会社に入っても待遇が少ないです。
結果的にやりがいと感じられる仕事を任されずに、落ちこぼれのままのサラリーマン生活を行っている傾向が強いです。

つまり、高品質なキャリアを持っている人が転職のメリットがあって、成り行きで転職を行った人はデメリットの部分が多いということです。
しかし、エリートへの道を進んでも、落ちこぼれの道に進んでも転職を果たした事はゴールでないと言う事を認識しなければならないです。

転職をするという事は、動機づけがあった場合に行う事です。
例えば、組織に合わないなどの動機があって、会社を出た方がメリットを享受できると考えてしまいます。
転職は誰でも経験する可能性がある行為で、行為そのものがどういう現象かを捉えられないと、メリットとデメリットの判別が付きにくくなります。

2016年12月12日

転職者に対しての見方について

転職を果たす事の見方について、昔から日本は終身雇用を前提に雇用されてきたので、昔の雇用の流れから多くの人が転職に関して異質な見方をしてきた事が一般的でした。
マスメディアから見て、転職を行う事自体が驚きで、同じ会社で働く事で、事でキャリアを掴むチャンスを逃したという考えで、転職者に対して先入観を抱いてきました。
従って、メディアの論調に煽られて、昔の人は転職に関して考えている人が多いはずがなかったのです。

昔から終身雇用を決め付けていて、転職をする人は組織の中での落ちこぼれという扱いをされて、どちらかというとデメリットを感じる部分が多かったです。
転職を考える時は、周りの人の流れで落ちこぼれと決め付けられて、なかなか転職に踏み切れない人もいたはずです。
昔の転職に関する考え方は、周りからは転職に関して、今の会社に合わない事などの短絡的な理由で、職場を転々としているという意識が強かったのです。
日本の昔の全盛期における雇用の名残で、従属するという意識が強かったので、転職するという事は裏切ったという先入観を持っていたのです。

しかし、現在から将来に掛けての転職に関して、人手不足や雇用の自由化によって、転職を考える事も受け入れるようになったことがメリットの部分です。
重要な事は転職を行う事に関して、周りから流されないように自分の納得する転職先を見つけて、周りから転職して良かったと言われるように、転職のメリットを享受できる会社を探していく事です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。