2016年12月01日

事務職に転職を考える場合について

事務職に転職を考えている場合、人気業種であるために他の業種よりも競争が高い事が特徴です。
基本的には前職で培った事務のスキルが重要視されて、経理事務などの業務では経験者を優遇する場合が多いです。

一般的に事務職は、最近はパソコンのスキルを重要視されています。
しかし、事務に必要なパソコンのスキルは就業してからも研修などに身につけられます。

また、最近は事務職に応募する人のほとんどがパソコンの操作などのスキルを身につけていて、パソコンのスキルだけでは選考の対象とならない場合が多いです。

事務職の転職で重要な事は、基本的には担当した経験がある仕事を詳細に伝える事です。
さらに事務での実績を数値化してアピールして、仕事の中で工夫した事や改善した事を具体的に示す事が重要です。
事務の仕事の中で、ただ単に書類の整理を行ったり、対応したという仕事内容では即戦力とみなされないケースが多いです。

事務の仕事について、雑用の仕事と捉えている場合は採用担当者も採用を見送る場合が多いです。
書類整理や外来者の応対などの雑用の仕事以外にも、実際に会社のコスト削減などの提案をしたり、会社で他の社員が働いているサポート役として、効率化した事務を行うのも仕事の一つです。
仕事の中で、コストを削減した実績を数値で示したり、仕事などを効率化をした実績がありながら具体的に実績の内容をアピールすると、会社も即戦力としての事務職として採用を歓迎する傾向です。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

販売職やサービス職に転職を考えている場合

小売関係などの販売職として経験を積んできた場合、ほとんどの人がお客様と接客するスキルをアピールする人が多いです。
接客のスタイルは多いので、販売する商品やお客様の年齢層などで接客スタイルが変化します。

小売業界などで接客を経験した事を明確に伝えて、どのような接客スタイルで仕事をしてきたのかを具体的なエピソードを入れてアピールする必要があります。

小売業界で経験した店長が転職を考える場合は、お店の売上などの実績をアピールできます。
しかし、単に数字を羅列しないで、経営の戦略や実践の家庭などを簡潔にアピールすると、かなり応募先の企業に印象が良くなります。

小売業界で転職を考えている場合、応募先の会社の商材などが異なっていて、異なる商材を取り扱っても成功できるというイメージを具体的にアピールする事が大切です。

販売職やサービス職を経験した人が、他の業種などに転職を考える場合は、これまで積んできたキャリアが通用しないわけではない事を頭に入れておきます。
店舗の運営をする場合に、仕事の中で営業的な仕事をなどの共通する要素が含まれています。

従って、販売職などの経験をしてきた人が営業職を目指す場合、実績を踏まえながら仕事で培った営業の手法を積極的にアピールする事が大切です。
役職によって販売の仕事だけではなくて、経営や企画などの仕事を経験している場合もあります。

計数管理や業務の改善などの経験や能力があったら、迷わずに自分の持っている経験と能力を思いっきりアピールをします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

企画職やマーケティング職に転職を考えている場合

企画やマーケティング関連の職種に転職を考えている場合は、これまでに勤務した企業での業務などの特性を把握しておく必要があります。
また、企画職などについていた時に、どのようなプロジェクトに携わったかを見つめ直して、応募先の企業に明確に業務を示す事が大事です。

さらに業務の中で、関わってきた役割などを具体的にアピールします。

商品を生み出すための企画の仕事は、市場を調査したり、市場への販売促進などの多岐な仕事にわたる事が特徴です。
これまで仕事の中で、活躍した得意分野を具体的に伝える事が重要です。
商品開発は、これまでになかった商品を新たに生み出すひらめきや想像力が必要となります。

また、マーケティングの情報を察知する能力や商品を市場に出回す企画の能力が必要となります。
企画やマーケティングなどの職種を経験していない場合は、販売促進のテクニックや知識が必要となる場合も多いです。

マーケティング職などの転職の条件として、商品の特徴をどのように市場にアプローチしてきたかが問われます。
営業職や販売職などで結果が出る数値とは異なって、調査を主体とした仕事を行うので、実際に仕事の結果が出にくい職種です。

様々なプロジェクトに関わった経験を詳細に話して、プロジェクトの中で市場などにどんな反響を得たのかを積極的にアピールする事が必要です。
また、最近はパソコンのスキルも問われていて、自分が持っているパソコンのスキルをアピールします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。