2016年12月06日

機械系の技術職の転職について

機械系の技術職に転職を考えてる際に、採用条件として重視されるのは、これまでの技術職としての実務経験です。
実務経験の中で、箇条書きとして設計などの経験を職務経歴書に書いている人もいます。
実務経験を転職活動でアピールする場合は、例えば設計に関しては、どのあたりの範囲までの仕事に携わったかを明らかにしておく必要があります。

実務として取り組んだ経験に関して、分かりやすい内容を相手にイメージできるように工夫しながらアピールをする事が大事です。
職務経歴書でアピールする場合は、実際取り組んだ仕事の技術や工程などを時系列にして、まとめるように記載します。

仕事に関しては、技術があるだけでは成立しないです。
機械系の技術職に転職する条件として、技術だけではなくて、仕事を成り立たせるために顧客や取引先の折衝能力や業務の過程に関する提案の能力も必要です。

他の職種や部署との連携なども経験に踏まえて、取得した人間的なスキルなども具体的にアピールすることが最近になって求められるようになりました。

電子関係の設計の転職を考える場合は、技術力だけではなくて、設計した製品の材質や特徴などを把握しておく必要があります。
開発の工程に関して、どのように手がけたのかをしっかり理解しておく必要があります。

機械設計に関して、機械の品質の向上などを理由に豊富な知識と経験が必要になりました。
円滑な取引先とのコミュニケーションの能力や対応力などを重視していて、関係を構築できる人を望んでいる会社が多くなっています。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

IT系の技術職の転職について

IT系の技術職の転職に必要となる要素として専門性があって、特にこれまで培った業務の経験が重視されます。
応募する会社や職種によっては、これまで携わったプログラム言語の経験年数や作業環境などの条件があって、企業の求人案内に応募条件として記載している事が多いです。

企業によっては、ITの仕事の経験がなくても応募可能な所もあります。

重要な事は、IT職の経験がある人ならば、できるプログラム言語や携わったシステムの概要を把握しておきます。
金融や流通などのクライアントとしての業界や自社内での会計などで、自分が関わったシステムを理解しておきます。
仕事の中で、プログラミングなどの工程に携わっていた事を振り返って、自分が役割を果たした工程が応募先の会社でどのように貢献できるのかも考えておきます。

仕事での様々なプロジェクトにおいて、主に携わったプロジェクトの経験を中心にアピールします。
プロジェクトを行っていく上で、全体の概要と自分の担当した仕事の内容を時系列に分けて、職務経歴書には分かりやすく書いていく事がアピールのコツです。

IT系のエンジニアの仕事は、クライアントが考えている仕事や課題を解決する事が主な仕事で、クライアントからの意向を叶えられる能力を持つ事が大事です。
プログラミングやパソコンを操作する能力は確かに必要です。

クライアントのニーズを叶えたり、折衝する能力や提案する能力などを仕事の中で身に付けておく事で、転職先の会社も受け入れやすいです。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

管理職という専門職の転職について

管理職は経理や財務などの部門を総括するスペシャリストで、応募者の中において管理職の応募理由が似ている場合が多い傾向です。
従って、他の応募者と差をつけるためのアピールの工夫が必要になります。

基本的に管理職は管理の関係の仕事をはじめとして、様々な業務を長年経験しているほど有利です。
大事な事は、仕事の中でどういう業務を行っていて、取り組んだ業務改善の概要をアピールしたり、業務の成果を明確に採用担当者に示す事です。

管理の部門に転職を考えている場合は、これまで歩んできた業界以外で仕事に従事できて、比較的に転職の展望が見えやすい職種です。
他の業界を目指す場合は、これまで管理職として培った会社の組織や体制などと相似している業界や会社中心にして、転職活動を行っていくと良いです。

例えば前職で経理の仕事を経験して、管理職を任された場合は、製造の業務の中で原価計算に関する経験や実績がある事をアピールします。

一方で、多くの企業で連結した決算を担当したり、人事の仕事であれば、アルバイト社員や社員の中途採用などの業務に携わった実績などをアピールします。
それぞれの業務において、自分がどこまで携わっていたのかを把握して、応募先の核となる自分のキャリアを把握します。

会社独自で設けた制度などの構築があれば、具体的な構築の内容をアピールする事も良いです。
経理や総務などの仕事で、効率的に仕事を回したなどの経験があれば、経験の概要をアピールします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。