2016年09月08日

面接においてやめた方がよいこと

採用担当者の視点からこれはやめたほうがよいことを書いていきます。
悲しいことにこれをすると受かるはないのですがこれをすると落ちる可能性があるはたくさんあるのです。

まずは企業をよく研究しないで面接に臨むこと、完全に落ちてもいいと思ってるなら別ですが希望している気持ちがあるのなら、セミナー時の資料やホームページなどを見て企業研究をしてから面接に臨んでください。
その企業のことをよく知らなかったり、別の企業と勘違いしているのは非常に失礼です。

また、社内で会う、どんな人にも礼儀正しくしてください。
採用担当者ではなく、当日案内だけに駆り出された事務の女性でも面接者の情報を面接官
に伝える機会があるかもしれません。
面接の連絡の際のメールのやりとりや電話でのやりとりもそうです。

どんな些細な事にも気を抜かないでください。
ここは学校ではなく会社なのですから、仕事をしていなくても社会人と同様の振る舞いをしてください。
あと、緊張しすぎて何も言えなくなってしまうのは大変ですが、適度な緊張感は必要です。
会社の人に対して砕けた様子やリラックスしすぎた様子は絶対に出さないで下さい。

会社によっては面接前の学生の緊張をほぐすために担当者が声をかけてくることもあるかもしれません。
しかし、ここでなれなれしくし過ぎてはかえって悪印象です。
面接の前ふりと思って接して下さい。

面接は自分の気持ちを伝える場ですがそこが会社である以上、あなたにも社会人同様の振る舞いが求められています。
決して気を緩めることのないよう、適度な緊張感を保ってください。
社内では携帯電話は絶対に見ない方がよいです。
時間はできるだけ腕時計をしてそれを見ましょう。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用担当者の視点_面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

面接への心構え

採用担当者としてこのように面接に臨んでほしいと思う心構え書いていきます。
しかし、面接必勝法とかそうこということではありません。

「どうしたら内定が取れるのか」という考えは持たないでください。
マニュアル通りの完璧な言動をした学生が内定を取れるわけではないのです。
むしろそういう考え方は取り払うべきです。

こうしたら面接に受かるからこう言うではなく、こんな仕事がしたいからここで働きたい
と自分の気持ちを正直に話せばいいのです。
もし、あなたのやりたいと思ってる仕事が募集職種の仕事内容とずれていてそれで内定が取れなかったとしてもそれでいいと思いませんか。

働いてから思っていた仕事とは違うと気づき、転職したくなるかもしれません。
他に決まらないからとりあえず内定が取れた企業で働いたけど、やっぱりもともとやりた
かった仕事をしたいと転職していく若者はいまの時代に大勢います。

自分のありのままを出してそれで通らなくてもいいという開き直りも大事です。
こういうことを言うと受かりそうだから表面的に無難なことを言おうではいつまでたっても内定は取れません。

学生は企業に採用してもらう場ではありますが、その立場は対等です。
企業がこんな仕事をしてほしい人を募集している。
学生はその仕事をやりたいと思っている。
そのお互いの需要と供給が一致するのかマッチングするのが面接なのです。

面接を恐れないでください。
そして自分に自信を持って下さい。
自分の意思を確実に伝えたのに面接が通らなかった場合はあなたとは合わなかったのです。
きっと働いても居心地がよくなかったかもしれません。

あなたに合う企業は必ずどこかにあります。
もし、面接がうまくいかないことが続くようでしたら業種を見直してみてもいいかもしれません。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用担当者の視点_面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

役員面接の面接官

役員面接の面接官とは何度か話にできているように、部長クラス、取締役、社長などです。
このクラスは最近の学生のことや何十社もまわって就職活動をする苦労を全く知らない世代です。
ちょっとした敬語の間違いにでも厳しいかもしれないので最新の注意を払って接しましょ
う。

この時に最初に基本的な質問をするのが人事部長や総務系の役員です。
次に質問するのが関係する職種の担当役員や社長でしょう。
ここでも役員たちは採用の面接は面倒くさいと思っている場合が多いです。
本来の業務で忙しいですし、よくわからない若者のよくわからない話を聞くのにうんざりしています。

ここは専門的なことはきちんと答えて関連する知識を持っていることをアピールするのは
もちろんですが、老人相手に好青年を演じるといったイメージがよいかもしれません。
声は大きく、無駄なことは言わずにはっきりと要領を得た話し方をしてください。

ここで忘れていけないのは相手はお年を召している分、多くの社員や社外の人と接して来
ています。
ここに座って部長や役員になったということは仕事のできる人たちです。
普段は社員の管理に目を光らせているわけですから学生の小手先の演技など見抜いてしまいます。

できないことはできない。わからないことはわからないとはっきり言ってもいいでしょう。
しかし、足りない分を埋める努力をしたりその分を挽回する強い意思があるということをアピールして下さい。
面接官たちは学生が今の段階で何ができるかを求めてはいません。
何かをするための強い意志があるかどうかを知りたいのです。

自分の中の強い意志があればそれは世代の壁を越えて、地位の差を超えて面接官の心に届くはずです。
ぜひ、物おじすることなく、自分の言葉でアピールして下さい。
ラベル:役員面接
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用担当者の視点_面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。