2016年08月22日

グループ面接の対策方法

新卒の採用では特により多くの学生と面接するためにグループ面接が行われることがあります。
このグループ面接が曲者です。
ある程度長い時間を取ってくれればいいのですが、5人で15分ということもあり得ると思い
ます。その場合は一人3分です。
3分で担当者に印象付けることができますか。
グループ面接では他の学生に埋もれずに自分の印象を残すことが大事です。

しかし、ここでいう印象を残すとは突飛な体験や目立つ行動を指すものではありません。
みんなが話すことは似たり寄ったりかもしれませんがそれが真実のストーリーなら内容はそれで
かまわないと思います。大切なのは「相手の目を見て、しっかり、伝わるように話す」ことです。
みんな緊張していて時間も限られているの中でそんなに内容に差が出るとは思えません。

もし誰よりも素晴らしいとても印象に残るようなエピソードを用意していても印象づける話し方
ができなければ意味がありません。
ここでは話し方で差をつけるということを意識してみて下さい。
内容が全く同じことを言っていても堂々としっかり発言することができれば、それが面接官に印
象が残ると思います。

例えば海外に留学した、インターンシップで職業体験をした、サークルで部を優勝に導いたなど
華々しい体験を語る学生もいるでしょう。
しかし、その雰囲気に飲まれないでください。
見栄えのいい話が採用につながるとは限りません。
企業が求めているのは大学時代に活躍した学生ではなく、学生時代に活躍した話をうまく伝える
ことができる学生なのだということを忘れないで下さい。

他の学生の話を聞いて士気が下がってしまえばそれは面接官に伝わってしまいます。
他の学生の話はどんな内容でも堂々と聞き流しましょう。
グループ面接は自分のみを見てもらえる個人面接と違って他の学生と差をつけるということを意
識しなければなりません。
それが個人面接とグループ面接の大きな違いです。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

面接前に準備しておくこと

面接前に準備しておくことは主に次の点を整理しておくことです。自己PR、志望動機、
学生時代に打ち込んだこと、会社への質問などです。一つ一つ詳しく見ていきましょう。

自己PRは詳細な自己分析が一度は必要です。よく考えすぎてかえって整理がつかなくな
くこともありますが、自分の長所、短所が整理できていてその主な具体例があげられれば
それでよいのではないでしょうか。
できるだけ話をシンプルにかつ、自分にしか語れない自分自身の言葉で答えることができ
るようにしましょう。

志望動機は特に「その業種が好きなら他の同業他社でもよいではないのか」とだけ思われ
ないようにしましょう。「なぜその会社でなければならないのか」ということが伝わらな
いといけません。
そのためにはその会社のホームページや頂いたパンフレットなどを見て具体的なイメージ
を膨らませることが必要です。
このときにセミナーの時に自分で作成したメモが役に立ちます。

学生時代に打ち込んだことは内容などは他の学生とかぶってしまうことが多いものです。
自分だけのオリジナルストーリーを語るために印象的な具体例を挙げるようにしましょう。

また、最後に会社への質問を聞かれることも多いと思いますので質問は必ず用意しておき
ましょう。
仕事内容に関することが最もベストです。
具体的にこの会社で仕事をするとなったときにどのようなことに興味、疑問が出てくるの
かを考えてみましょう。

また、実際に働いて通うことをイメージしての通勤や配属に関することなどは聞いてみて
いいと思います。しかし、福利厚生や給与のしくみなど金銭に関することはあまり好印象
ではありません。

あとは服装などは一度自分の前でも鏡でチェックしてみましょう。
面接時は座っていることが多いので座った姿なだども確認してみて、姿勢の悪い癖なども
見つけて対処できるようにしておきましょう。

面接もやはり慣れも必要なので第一志望の前に他の企業で練習しておくことをお勧めします。
会社によって担当者の雰囲気や質問のポイントなどが異なるので大変勉強になります。
タグ:面接 新卒
posted by Wata at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

その他の選考過程(OB面談や工場見学)

ここではあまりないタイプの選考過程について紹介します。

珍しいケースかもしれませんが、OB面談というものがある場合があります。
会社指定の先輩社員と会い、食事をしたりするのです。
ラフな一次面接と受け取ってもよいかもしれません。
先輩社員に対して学生は2,3人ということもあります。この面談方式の特徴は会社で会うわ
けではないのと対応するのが面接官ではないということです。

ということはその社員の好みで左右される部分も大きいということです。
必勝法というのは特にないかもしれませんが、とにかく自然体でその場が滑らかに会話が進行
すればよいのではないでしょうか。

あと、せっかく希望の企業の生の社員と話ができるいい機会なので仕事の様子や会社の雰囲気
についていろいろ聞いてみるのもいいと思います。
自分が以外の学生がいる場合は自分だけが会話を持っていかないようにだけは気を付けて下さ
い。協調性のない人のように思われます。

次にメーカー系の企業で自社工場などがある場合は工場見学の機会を設けているところもあり
ます。
ただこれも説明会にきた学生全員となると案内する企業側も大変なので筆記試験の実施時や面
接の前などある程度絞った学生に対して行われることが多いようです。
ここで大事なのは見学自体が試験ではありませんがその見学態度も見られているということで
す。

もちろん全員の様子を観察しているわけではないでしょうか、あくびをしたりうっかり説明を
聞かずにあさっての方向を見ているなど、不真面目な態度は担当者の目についてしまう、とい
うことです。
この内容を踏まえての面接実施もあるかもしれません。限られた時間でできるだけの情報を目
と耳と頭に入れるようにしましょう。
そして熱心に見ている態度をアピールしましょう。

このように新卒の就職活動は年々多様化して来ています。
他の会社では体験しなかったような様々な選考過程が設けられていることもあるでしょう。
そんなときもその会社に興味を持っている気持ちが本当であれば担当者にも伝わるでしょうし、
逆にいい加減な気持ちで参加していればその様子もつたわるでしょう。
心してかかって下さい。
posted by Wata at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。