2016年08月25日

圧迫面接を乗り切るためには

みなさんも圧迫面接という言葉は聞いたことがあるでしょう。
圧迫面接とは鋭い質問をして学生が答えに詰まるまで追及したり、文字通りに圧迫する面接です。
経験としては受けた方がいいとは思いますが、第一志望の面接が圧迫面接だった場合の対策につ
いて話します。

まず、圧迫面接は何のために行うのでしょうか。
企業により目的は多少異なるかもしれませんが、だいたいは「窮地に陥っても冷静に対処できるか」
を見ていることが多いです。

圧迫面接では答えたことに対して「それがなかったらどうするのですか」とか「なぜ、そうするの
ですか」とか、どんどん答えを掘り下げていくパターンが多いと思います。
質問に答える過程の中で嘘を言ってしまうとどんどん自分でも答えに詰まってしまうと思うので嘘
は言わないで下さい。

本当のことをずっと言えば最後まで本当のことを言えばいいわけですから、答えに詰まることも少
なくなるはずです。

また、質問を掘り下げられた時は、そこまで深くは考えていなかったことを正直に言ってもよいで
しょう。
ただその際は今後どのように取り組みたいのかなど、未来に向けての抱負などいい方向に転換する
ようにして下さい。

さらに一番大事なのは答えにつまらないこと、だまらないこと、自信のないように小声にならない
ことです。
企業は困った状況においても堂々と前向きに打開策を導き出せる学生を求めています。
困っても堂々とした態度はくずさずに、はっきりと発言しましょう。

しかし、就職の面接で答えにつまることと、仕事で窮地に陥った時に冷静に対処できないのは同じこ
となのでしょうか。
本当に圧迫面接は必要なのでしょうか。
面接は学生の良さを引き出すものだと私個人では思ってしまいますが。

いずれにせよ、圧迫面接に会った場合に、そんな圧迫面接をするような企業が本当に自分の第一志望
なのかどうかということも考えてみて下さい。
仕事をして困るようなことがあっても自力で立ち直れる人材を求めている会社ということなのですから。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

役員面接の合格方法

役員面接に行くまでに2次面接、3次面接とある場合がありますが、ここでは最後の役員面接
について話したいと思います。
役員面接は合格できれば内定なのです。
その学生がそこの社員になるかどうかを決める重要な場です。

重要な場面だけに面接官は役員や総務部長、会社によっては社長本人が出てくることもあります。
話がそれますがここで社長に気に入られてしまえばまず内定は間違いないです。
会社というのはすべての決定権は社長にあることがほとんどです。
しかし、それは社長と偶然にもフィーリングがあった場合のみなので奇跡みたいなものです。

もっと手堅い話をしますと、役員面接ではとにかく礼儀が大切です。
よく緊張のあまり、入ってすぐに座ってしまう学生もいますが、入室して名前を名乗り、担当者
に「座って下さい」と言われてから座るようにしてください。
こういう基本的な礼儀ができないと役員の目は一気に厳しくなります。

ここでも面接官が複数なら技術系や営業系などの希望職種を担当する役員がいるはずなので専門
的な分野でのアピールができるとよいですね。
ここでは社員として採用するにあたって問題のない人物だと思わせるために冷静に対処してくだ
さい。

お年を召している方も多いので声は大きく、雰囲気に押されないようにはっきりとしゃべりまし
ょう。
内容はここでも質問に対する答えとなっていれば手堅いもので十分と思います。
会社にいるときの役員などは偉い人のオーラを放っているものなのでその雰囲気にのまれてしど
ろもどろになるのだけは避けて下さい。
堂々と、冷静にを心がけて下さいね。

また、面接官の方々は何人も学生の面接をして疲れています。
お偉い方々は特に若い人のだらだらとした要領を得ない話は嫌いです。
無駄な発言は避けるよう、具体例も交えつつすっきりと要点を話すことが重要です。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

一次面接の対応の仕方

そうしていよいよ面接です。何度も言ってることですが、第一志望の前に必ず複数の会社の面接
を受けて下さい。全くの初めては必ず緊張しますし、うまく自分の言いたいことが伝えられない
ことが多いでしょう。

機会があれば模擬面接など面接のリハーサルができるといいでしょう。
大学の就職課などで面接の指導をしてくれるところもあります。
また民間の面接対策講座のようなものに参加してみてもいいでしょう。
自分の面接を客観的に見てもらい第三者に評価してもらうことは非常に大事です。
そのような機会があったらぜひ活用してみて下さい。

第一面接は企業の採用担当者の場合が多いです。二人以上いたら実際の技術系社員や営業系社員
など募集職種に関する業務についている社員のことが多いです。
彼らは専門的な質問をするためにそこに座っています。

さて面接のガイドブックなど対策法など世の中にたくさんあります。
どれも真実であり間違いではないと思います。
面接官も人なので好みがあると思います。
しかし、好みに左右されるようでは本当に優秀な学生とは言えません。
本当に優秀な学生は誰が見ても、たとえ学生が面接をしても「この人を採用したい」と思わせる
ような学生の事です。

しかし優秀な学生とはマニュアル通りにぺらぺらと面接で発言できる人のことではありません。
聞かれた質問に答える、ということができない学生が大勢います。
どうしても用意してきたことを暗記してそれを言おうとしてしまうのでしょうか。

それでは面接官には聞いた質問に答えてもらえなかったいう不快感が残ってしまいます。
面接は質問に答えるシンプルなものです。ある程度、志望動機ならこんなこと、自己アピール
ならこんなことと大筋でまとめておくことは必要ですが、面接でそれをそのまましゃべらずに
聞かれた質問に沿うような形で答える言うことを意識してください。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。