2016年12月12日

転職者に対しての見方について

転職を果たす事の見方について、昔から日本は終身雇用を前提に雇用されてきたので、昔の雇用の流れから多くの人が転職に関して異質な見方をしてきた事が一般的でした。
マスメディアから見て、転職を行う事自体が驚きで、同じ会社で働く事で、事でキャリアを掴むチャンスを逃したという考えで、転職者に対して先入観を抱いてきました。
従って、メディアの論調に煽られて、昔の人は転職に関して考えている人が多いはずがなかったのです。

昔から終身雇用を決め付けていて、転職をする人は組織の中での落ちこぼれという扱いをされて、どちらかというとデメリットを感じる部分が多かったです。
転職を考える時は、周りの人の流れで落ちこぼれと決め付けられて、なかなか転職に踏み切れない人もいたはずです。
昔の転職に関する考え方は、周りからは転職に関して、今の会社に合わない事などの短絡的な理由で、職場を転々としているという意識が強かったのです。
日本の昔の全盛期における雇用の名残で、従属するという意識が強かったので、転職するという事は裏切ったという先入観を持っていたのです。

しかし、現在から将来に掛けての転職に関して、人手不足や雇用の自由化によって、転職を考える事も受け入れるようになったことがメリットの部分です。
重要な事は転職を行う事に関して、周りから流されないように自分の納得する転職先を見つけて、周りから転職して良かったと言われるように、転職のメリットを享受できる会社を探していく事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック