2016年12月08日

転職をしない事によるメリットとデメリット

転職を一切考えないで、会社に居座る場合のメリットとして、現在培っているキャリアについて、将来において見通しが持てやすい事です。
転職をしない事で成績次第では、将来においては重役などの重要な役職を任されやすくて、スキルの更なるアップがある事もメリットです。

日本の人事の制度として、たいていの会社が在籍している社員を長期的に勤続させたいという見方を持っています。
新卒で採用して、仮に十年以上同じ系列の会社で勤務を果たした場合に、雇用の安定によって転職を考えないで済むというメリットがあります。
しかし、最近では時代の流れによって、一流企業であったり、どんな有名企業であっても将来的には、経営についてどうなるか分からないです。
企業の経営が急変する事を鑑みて、転職への視野を持っている人もいます。

会社に居座るデメリットしては、会社での仕事ぶりや成績を考慮しないで、会社の人事権の発動による辞令で、予想していなかった異動を
受け入れる場合も多いです。例えば、いままで事務職を経験していたが、営業職を命じられたり、在籍している会社より離れた遠隔地で転勤して、単身赴任になっている社員も多く見かけます。
但し、基本的に労働者保護の観点から、自己申告として転勤や職種の変更などの希望を申請して、ある程度会社が受け入れる場合もあります。
あくまでも会社の人事異動が当たり前で、労働者からの希望はある程度受け入れることが基本です。
但し、人事異動によって培ってきたキャリアの方向性なども会社側が認めてくれる場合があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック