2016年12月03日

管理職という専門職の転職について

管理職は経理や財務などの部門を総括するスペシャリストで、応募者の中において管理職の応募理由が似ている場合が多い傾向です。
従って、他の応募者と差をつけるためのアピールの工夫が必要になります。

基本的に管理職は管理の関係の仕事をはじめとして、様々な業務を長年経験しているほど有利です。
大事な事は、仕事の中でどういう業務を行っていて、取り組んだ業務改善の概要をアピールしたり、業務の成果を明確に採用担当者に示す事です。

管理の部門に転職を考えている場合は、これまで歩んできた業界以外で仕事に従事できて、比較的に転職の展望が見えやすい職種です。
他の業界を目指す場合は、これまで管理職として培った会社の組織や体制などと相似している業界や会社中心にして、転職活動を行っていくと良いです。

例えば前職で経理の仕事を経験して、管理職を任された場合は、製造の業務の中で原価計算に関する経験や実績がある事をアピールします。

一方で、多くの企業で連結した決算を担当したり、人事の仕事であれば、アルバイト社員や社員の中途採用などの業務に携わった実績などをアピールします。
それぞれの業務において、自分がどこまで携わっていたのかを把握して、応募先の核となる自分のキャリアを把握します。

会社独自で設けた制度などの構築があれば、具体的な構築の内容をアピールする事も良いです。
経理や総務などの仕事で、効率的に仕事を回したなどの経験があれば、経験の概要をアピールします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック