2016年11月26日

企画職やマーケティング職に転職を考えている場合

企画やマーケティング関連の職種に転職を考えている場合は、これまでに勤務した企業での業務などの特性を把握しておく必要があります。
また、企画職などについていた時に、どのようなプロジェクトに携わったかを見つめ直して、応募先の企業に明確に業務を示す事が大事です。

さらに業務の中で、関わってきた役割などを具体的にアピールします。

商品を生み出すための企画の仕事は、市場を調査したり、市場への販売促進などの多岐な仕事にわたる事が特徴です。
これまで仕事の中で、活躍した得意分野を具体的に伝える事が重要です。
商品開発は、これまでになかった商品を新たに生み出すひらめきや想像力が必要となります。

また、マーケティングの情報を察知する能力や商品を市場に出回す企画の能力が必要となります。
企画やマーケティングなどの職種を経験していない場合は、販売促進のテクニックや知識が必要となる場合も多いです。

マーケティング職などの転職の条件として、商品の特徴をどのように市場にアプローチしてきたかが問われます。
営業職や販売職などで結果が出る数値とは異なって、調査を主体とした仕事を行うので、実際に仕事の結果が出にくい職種です。

様々なプロジェクトに関わった経験を詳細に話して、プロジェクトの中で市場などにどんな反響を得たのかを積極的にアピールする事が必要です。
また、最近はパソコンのスキルも問われていて、自分が持っているパソコンのスキルをアピールします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック