2016年10月27日

自分の意思を決める能力を付けることが大事である

転職には意思を決定する能力が重要で、意思を決定する事が上手な人は、決定する際の核心の部分を理解しています。
希望先の職業に転職できている人は、当然意思を決定する能力が高くて、直ぐにキャリアアップにつながりやすい行動を取る傾向です。

転職先を決める場合に、キャリアコンサルタントからとにかく情報を得る事を考えます。
希望の職種に就けた人に関して、転職後のリスクに関しては、臆する事を考えていないです。

意思を決定する点がコントロールできれば、リスクがあったとしても自分で対応できるという事で、責任感を感じながら仕事に打ち込めるやりがいをもたらせる可能性も高いです。

意思の決定が出来る人は、年齢に関わらず取引先などへの提案を独創的に行っている場合が多いです。
最終的な権限などは会社にあったとしても、お客様の担当になれば自分で直ぐに取引などを決定しなければならないです。
つまり、日頃からの仕事において、意思を決定する場面が多いならば、ビジネスに関する熟練の度合いは増します。

意思の決定が出来ない人は、自分のキャリアに基づいて会社を決定できない傾向です。
特に他人に依存する傾向で、親や友人からの助言で決めたり、会社の都合で内定が出たという理由で転職する場合が多いです。

意思を決定する能力は、転職活動を始めてからではなかなか身に付ける事は困難です。
従って、希望の職種に就けることを鑑みる場合は、前職で意思を決定する能力を積極的に身につけていく事が大事です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442845594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック