2016年10月25日

希望の転職先を見つけている人の質問の上手さ

転職が上手く行っている人は、希望している会社の状況を理解できている事が第一条件です。
会社の状況を理解するためには、自分一人だけの情報収集だけではなかなか会社を理解する事ができません。
従って、会社の状況を良く理解している人材紹介会社を利用します。

人材紹介会社で会社の状況をさらに把握して、他の人と差別化することで、情報を探りながら会社にアピールをしていきます。
希望の職種に就けている人は、会社の経営手法などの様々な分野において、把握する情報や質問しようとする情報が整理されている傾向です。

結果的に、十分な会社研究に時間を割いて、会社のことをさらに知りたいという意欲があって、質問を投げかけてくる事が多いです。

一般の転職者の質問は、会社の待遇や仕事内容ややりがいといった誰でも質問できそうな質問を投げかけます。
しかし、十分に研究していて希望の職種に転職できた人の場合は、希望する会社の核心を突く質問を投げかける場合が多い事が特徴です。

一般の転職者の質問の内容に関しては、様々な情報の媒体で習得をしていて、仕事内容などの簡易な質問は投げかけない場合が多いです。

会社に対するイメージを独自的に立てて、自分のイメージの中で欠けている部分だけを中心に質問する傾向です。
会社や求人情報があまり上手くない人は、他を責めるという観点を持ってしまう傾向なので、優先する事は会社の情報を丹念に調べて、会社の全体像を掴んでいく事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442845517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック