2016年10月18日

税金のこと、扶養のこと

主婦のアルバイトをする上で、税金のことは少し頭に入れておきましょう。
みなさんも聞いたことがあるでしょうが、パートには103万円の壁というものがあります。
103万円以内の範囲で働けば所得税上も扶養に入ることになるので所得税を納めなくてよいのです。

収入が年間103万円未満なのに給与明細で所得税が引かれている場合も出てきますがこれは確定申告で取り戻せる金額になりますので、忘れずにチェックして下さい。
毎月7,8万円の収入で所得税が引かれていた場合、確定申告で2万円ぐらい戻ってくる場合があります。

更にだんなさんの会社で扶養手当が支給されている場合は配偶者がこの103万円以上の収入があるかどうかで判断されている場合が多いのでそんなに働くわけでなければ収入は103円未満で抑えることが賢明です。

しかし、この配偶者控除枠もなくなるという議論がされていますので、ゆくゆくはこの103万円という基準を気にしなくてもよくなる日が来ることでしょう。

またこれとは別の法律で130万円を超えると今度は旦那さんの社会保険の扶養から外れなければなりません。
自分でパートをしている会社の社会保険に入り、社会保険料を払わなけれなならないので
す。

実際に年間が130万いかなくてもパートにも社会保険に入らせるところもあります。
先ほど紹介した公共関係でもそういうところが増えています。
少ないパートの給料から社会保険料が引かれては更に手取りが少なくなってしまいますので、働く際には年間収入がどのくらいになるかを確認しておきましょう。

職場によっては扶養枠内でとお願いすると、その範囲内での収入になるように勤務の量を
調整してくれるところもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック