2016年09月08日

面接においてやめた方がよいこと

採用担当者の視点からこれはやめたほうがよいことを書いていきます。
悲しいことにこれをすると受かるはないのですがこれをすると落ちる可能性があるはたくさんあるのです。

まずは企業をよく研究しないで面接に臨むこと、完全に落ちてもいいと思ってるなら別ですが希望している気持ちがあるのなら、セミナー時の資料やホームページなどを見て企業研究をしてから面接に臨んでください。
その企業のことをよく知らなかったり、別の企業と勘違いしているのは非常に失礼です。

また、社内で会う、どんな人にも礼儀正しくしてください。
採用担当者ではなく、当日案内だけに駆り出された事務の女性でも面接者の情報を面接官
に伝える機会があるかもしれません。
面接の連絡の際のメールのやりとりや電話でのやりとりもそうです。

どんな些細な事にも気を抜かないでください。
ここは学校ではなく会社なのですから、仕事をしていなくても社会人と同様の振る舞いをしてください。
あと、緊張しすぎて何も言えなくなってしまうのは大変ですが、適度な緊張感は必要です。
会社の人に対して砕けた様子やリラックスしすぎた様子は絶対に出さないで下さい。

会社によっては面接前の学生の緊張をほぐすために担当者が声をかけてくることもあるかもしれません。
しかし、ここでなれなれしくし過ぎてはかえって悪印象です。
面接の前ふりと思って接して下さい。

面接は自分の気持ちを伝える場ですがそこが会社である以上、あなたにも社会人同様の振る舞いが求められています。
決して気を緩めることのないよう、適度な緊張感を保ってください。
社内では携帯電話は絶対に見ない方がよいです。
時間はできるだけ腕時計をしてそれを見ましょう。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用担当者の視点_面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441424207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック