2016年08月30日

合同セミナーの裏側

合同セミナーはとにかく採用担当者は大変です。
まず、会場が広いのにブースはせまいです。
それでも学生がたくさん来ます。
出展企業は多いために埋もれないような工夫をしなければなりません。

採用担当者からズバリ本音を言わせてもらうと、合同セミナーに来る学生の質は低いこと
が多いです。
それは人数が多いためにそれほど意識の高くない学生が参加していたり、普段は全く違っ
た業界を希望しているような、見慣れない学生が多いためです。

そんな中でもし、第一志望会社があったらチャンスです。
ブースがでせまいだけあって採用担当者との距離は近いです。
この時に非常に丁寧な対応で印象に残る質問などをすれば覚えてもらえるかもしれません。

周りが動機が低い学生が多いだけにこれは絶好のチャンスです。
採用担当者はいろんな会場へ行っているので聞く側の態度で志望度が高いのか低いのかを
肌で感じながら説明をしています。

また、各企業の採用担当者を見ておくのも会社のカラーがわかってよいでしょう。
いっぱいいっぱいなのか、偉そうなのか、余裕を持っているのか、個人の技能にも左右さ
れるところではありますが、会社の雰囲気を知る指標にもなると思います。

更に大学で行われる合同セミナーの場合は人数が少ない上に採用担当者との距離が近いの
でこれこそ希望の企業が来るようであれば絶好のチャンスです。

更にこの場合は実際の卒業生を連れてきていることも少なくないです。
親しみを持って質問ができるのではないでしょうか。
また先輩社員も自分の卒業校の学生ということで初めから好感をもって接してくれるかも
しれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック