2016年08月23日

一次面接の対応の仕方

そうしていよいよ面接です。何度も言ってることですが、第一志望の前に必ず複数の会社の面接
を受けて下さい。全くの初めては必ず緊張しますし、うまく自分の言いたいことが伝えられない
ことが多いでしょう。

機会があれば模擬面接など面接のリハーサルができるといいでしょう。
大学の就職課などで面接の指導をしてくれるところもあります。
また民間の面接対策講座のようなものに参加してみてもいいでしょう。
自分の面接を客観的に見てもらい第三者に評価してもらうことは非常に大事です。
そのような機会があったらぜひ活用してみて下さい。

第一面接は企業の採用担当者の場合が多いです。二人以上いたら実際の技術系社員や営業系社員
など募集職種に関する業務についている社員のことが多いです。
彼らは専門的な質問をするためにそこに座っています。

さて面接のガイドブックなど対策法など世の中にたくさんあります。
どれも真実であり間違いではないと思います。
面接官も人なので好みがあると思います。
しかし、好みに左右されるようでは本当に優秀な学生とは言えません。
本当に優秀な学生は誰が見ても、たとえ学生が面接をしても「この人を採用したい」と思わせる
ような学生の事です。

しかし優秀な学生とはマニュアル通りにぺらぺらと面接で発言できる人のことではありません。
聞かれた質問に答える、ということができない学生が大勢います。
どうしても用意してきたことを暗記してそれを言おうとしてしまうのでしょうか。

それでは面接官には聞いた質問に答えてもらえなかったいう不快感が残ってしまいます。
面接は質問に答えるシンプルなものです。ある程度、志望動機ならこんなこと、自己アピール
ならこんなことと大筋でまとめておくことは必要ですが、面接でそれをそのまましゃべらずに
聞かれた質問に沿うような形で答える言うことを意識してください。
ラベル:新卒 一次面接
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック