2016年08月19日

プレゼンをしてくださいと言われたら

就職活動の選考過程の中でプレゼンをしてくださいという試験がある場合もあります。
卒論も卒研もこなしていないこの時期ではどの学生さんもプレゼンテーションの経験がない場
合はほとんどでしょう。

まずは本でもネットでもいいので効果的なプレゼンのやり方について読んでみて下さい。
プレゼンは社会人になってからも業務において重要な位置をしめることがあるので様々な対策
が載っていることでしょう。
しかし、学生のみなさんがそこまでのレベルのプレゼンをすることは不可能です。
取りあえずは相手に伝わりやすいプレゼンということを意識してみましょう。

薄っぺらい内容がたくさんつまったものでなく、一つのものを掘り下げるものの方が印象に残る
と思います。
内容の論理が通っているかどうかは他人に見てもらうのが一番いいです。
友人でもいいですが、ゼミや研究室の担当教授に見てもらってもいいでしょう。

また、就職試験のプレゼンなので内容というよりは発表の態度も重視されることを忘れないで
下さい。
とにかく、担当者の顔を見てはっきりとした声で伝えましょう。適度な緊張感はよいですが、
自信のなさなどはそのまま相手に伝わってしまうので自信を持って堂々と話しましょう。
視線が伏せがちになってしまうので担当者の頭の上あたりを見るくらいの気持ちでいて下さい。

就職面接のプレゼンテーションではその内容のできよりも態度のできが担当者の印象に残りや
すいです。
学生さんのプレゼンテーションのレベルはそんなに差が出るとも思えませんし、担当者からす
ればみんな同じように見えてしまうからです。
機会があれば友人の前でもいいので他人の前で一度発表してみて下さい。
いきなりぶっつけ本番でやるよりは緊張の度合いが全く違うと思います。
posted by Wata at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック