2016年08月14日

セミナー会場で注意すること

セミナー会場へ着いたら、担当者の方に丁寧にあいさつをしましょう。ここで印象のいい
人は担当者の心に残るかもしれません。

会場へ着いたら自分が落ち着いて話を聞ける場所を選びましょう。
選ぶ余地がある場合限定ですが、やはり前の方が話がよく聞こえますし、質問もしやすく
ていいかもしれません。
しかし、ど真ん中では緊張してしまうので、どちらかの端の前の方がベストポジションで
す。

セミナー会場について時間に余裕があったらトイレなどに行って心を落ち着けて下さい。
もしその会場が会社の社屋そのものであれば会社の雰囲気をチェックするいい機会です。
可能な範囲を歩き回ってみましょう。

また、どんな学生がいるのかまわりを見渡して見るのもいい刺激になります。
周りの学生を見てこういう振る舞いは好印象だなとか悪い印象だなとか就職活動に来てい
る学生を客観的に見るいいチャンスでもあります。

またセミナーが始まったら、自分の言葉でメモをしましょう。
メモの量が多ければいいというものでもありません。
要点をしっかり記しておきましょう。たくさんのセミナーに参加するとそこの会社がどん
な内容のセミナーだったか忘れてしまいます。

後から自分が見た時にどんな会社だったのか思い出せるように要点をメモしましょう。
その会社の面接に進んだ時に志望動機を考える際の材料にもなります。
セミナーをきちんと聞いていたことが伝われば会社へのアピール材料にもなるでしょう。

熱心にセミナーを聞いている学生に見えるようにメモするのではなく、自分の今後のため
にメモをするのだという気持ちでセミナーに臨んでください。

posted by Wata at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440951641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック