2016年12月06日

機械系の技術職の転職について

機械系の技術職に転職を考えてる際に、採用条件として重視されるのは、これまでの技術職としての実務経験です。
実務経験の中で、箇条書きとして設計などの経験を職務経歴書に書いている人もいます。
実務経験を転職活動でアピールする場合は、例えば設計に関しては、どのあたりの範囲までの仕事に携わったかを明らかにしておく必要があります。

実務として取り組んだ経験に関して、分かりやすい内容を相手にイメージできるように工夫しながらアピールをする事が大事です。
職務経歴書でアピールする場合は、実際取り組んだ仕事の技術や工程などを時系列にして、まとめるように記載します。

仕事に関しては、技術があるだけでは成立しないです。
機械系の技術職に転職する条件として、技術だけではなくて、仕事を成り立たせるために顧客や取引先の折衝能力や業務の過程に関する提案の能力も必要です。

他の職種や部署との連携なども経験に踏まえて、取得した人間的なスキルなども具体的にアピールすることが最近になって求められるようになりました。

電子関係の設計の転職を考える場合は、技術力だけではなくて、設計した製品の材質や特徴などを把握しておく必要があります。
開発の工程に関して、どのように手がけたのかをしっかり理解しておく必要があります。

機械設計に関して、機械の品質の向上などを理由に豊富な知識と経験が必要になりました。
円滑な取引先とのコミュニケーションの能力や対応力などを重視していて、関係を構築できる人を望んでいる会社が多くなっています。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。