2016年12月11日

転職をした後の未来の可能性

転職に関して言えば、デメリットの部分が多くなっている傾向で、メリットの部分に関しては少ないと言えます。
転職を果たしても、自分の納得していない仕事であったり、成功と感じても幸せと感じている人が、必ずしも存在しているわけではないのです。
しかし、キャリアは前職からの引継ぎとして、転職先の会社でも培っていく事はできるはずです。

基本的には転職先では、前職で従事していた時よりも、転職先では比較にならないぐらいの頑張る気持ちを持ちます。
新たな仕事を任される事で、可能性を秘めている事を考える事が重要です。
どんな物事でも同じで、転職後の人間関係の形成や仕事の頑張りの度合いで、転職後のメリットを自分の力でつかみ取るという意識を持つ事です。
長期的な視点に立って言えば、転職の成功につながる可能性が高まります。
つまり、転職を行う事は将来の可能性を掴んだという事です。

職を変更する事は、当然ながら人生のゴール地点ではなくて、スタート地点に立っているという意識を持ちます。
どんなにサラリーマンなどの仕事の経験があったとしても、転職先では新人であると言う事で、人間関係を良好に保つ事で未来への可能性をさらに高める事ができます。
職業を変えるという視点に立って、ハッピーエンドという考えは決して行わずに、これからの自分の将来を掴むつもりで、どんな環境であっても誠心誠意に社会人の生活を送る事が重要です。
早く仕事を覚えて、期待以上の即戦力を掴めるように結果を出せば、過去の経歴は関係ないです。

2016年12月10日

転職を行う場合の良い点と問題点

転職を行う場合は、本気になって求人の中で募集している職種や勤務地を探す事によって、自分の希望している会社に就職しやすいメリットがあります。
自分の希望している会社の基準を明白にして、条件に合致している転職先を選べば転職によるメリットが大きくなります。
さらに自分が考えている仕事や専門性などを振り返って、積んできたキャリアの方向が合致していれば、転職先の会社の業務に生かせます。

従って、これまでの自分の持っているキャリアを一貫して、仕事の専門性を身につけられる可能性がある点から、将来への仕事に関する拡張の広がりの可能性が大きくなっていきます。
例えば、国内で仕事を培っていて、ビジネススキルと英語を身につけた人が、国内だけに留まらず、海外に飛び出して独自の視野を持って仕事を楽しんでいる場合があります。

転職のデメリットとして、安定して仕事を続けられる事に関してはリスクがあると言えます。
新卒で入社をした場合に、雇われた会社から社員として適性のある能力を身につけて、社会人として必要な教育を受ける事によって、能力を上げながら仕事に期待されながら従事します。

仕事の安定性を高めるために社会人として培ったスキルが不可欠なので、転職をしなければ会社の経営に関する安定性にも貢献しやすいです。
従って、転職の場合は、基本的に特定の職種に専門性がある事を踏まえて従事する事によって、別の業種を任せないで雇用する義務感は低くなります。

結果として、責任のある仕事を任されない場合が多くなります。

2016年12月08日

転職をしない事によるメリットとデメリット

転職を一切考えないで、会社に居座る場合のメリットとして、現在培っているキャリアについて、将来において見通しが持てやすい事です。
転職をしない事で成績次第では、将来においては重役などの重要な役職を任されやすくて、スキルの更なるアップがある事もメリットです。

日本の人事の制度として、たいていの会社が在籍している社員を長期的に勤続させたいという見方を持っています。
新卒で採用して、仮に十年以上同じ系列の会社で勤務を果たした場合に、雇用の安定によって転職を考えないで済むというメリットがあります。
しかし、最近では時代の流れによって、一流企業であったり、どんな有名企業であっても将来的には、経営についてどうなるか分からないです。
企業の経営が急変する事を鑑みて、転職への視野を持っている人もいます。

会社に居座るデメリットしては、会社での仕事ぶりや成績を考慮しないで、会社の人事権の発動による辞令で、予想していなかった異動を
受け入れる場合も多いです。例えば、いままで事務職を経験していたが、営業職を命じられたり、在籍している会社より離れた遠隔地で転勤して、単身赴任になっている社員も多く見かけます。
但し、基本的に労働者保護の観点から、自己申告として転勤や職種の変更などの希望を申請して、ある程度会社が受け入れる場合もあります。
あくまでも会社の人事異動が当たり前で、労働者からの希望はある程度受け入れることが基本です。
但し、人事異動によって培ってきたキャリアの方向性なども会社側が認めてくれる場合があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。