2016年11月27日

販売職やサービス職に転職を考えている場合

小売関係などの販売職として経験を積んできた場合、ほとんどの人がお客様と接客するスキルをアピールする人が多いです。
接客のスタイルは多いので、販売する商品やお客様の年齢層などで接客スタイルが変化します。

小売業界などで接客を経験した事を明確に伝えて、どのような接客スタイルで仕事をしてきたのかを具体的なエピソードを入れてアピールする必要があります。

小売業界で経験した店長が転職を考える場合は、お店の売上などの実績をアピールできます。
しかし、単に数字を羅列しないで、経営の戦略や実践の家庭などを簡潔にアピールすると、かなり応募先の企業に印象が良くなります。

小売業界で転職を考えている場合、応募先の会社の商材などが異なっていて、異なる商材を取り扱っても成功できるというイメージを具体的にアピールする事が大切です。

販売職やサービス職を経験した人が、他の業種などに転職を考える場合は、これまで積んできたキャリアが通用しないわけではない事を頭に入れておきます。
店舗の運営をする場合に、仕事の中で営業的な仕事をなどの共通する要素が含まれています。

従って、販売職などの経験をしてきた人が営業職を目指す場合、実績を踏まえながら仕事で培った営業の手法を積極的にアピールする事が大切です。
役職によって販売の仕事だけではなくて、経営や企画などの仕事を経験している場合もあります。

計数管理や業務の改善などの経験や能力があったら、迷わずに自分の持っている経験と能力を思いっきりアピールをします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。