2016年11月26日

企画職やマーケティング職に転職を考えている場合

企画やマーケティング関連の職種に転職を考えている場合は、これまでに勤務した企業での業務などの特性を把握しておく必要があります。
また、企画職などについていた時に、どのようなプロジェクトに携わったかを見つめ直して、応募先の企業に明確に業務を示す事が大事です。

さらに業務の中で、関わってきた役割などを具体的にアピールします。

商品を生み出すための企画の仕事は、市場を調査したり、市場への販売促進などの多岐な仕事にわたる事が特徴です。
これまで仕事の中で、活躍した得意分野を具体的に伝える事が重要です。
商品開発は、これまでになかった商品を新たに生み出すひらめきや想像力が必要となります。

また、マーケティングの情報を察知する能力や商品を市場に出回す企画の能力が必要となります。
企画やマーケティングなどの職種を経験していない場合は、販売促進のテクニックや知識が必要となる場合も多いです。

マーケティング職などの転職の条件として、商品の特徴をどのように市場にアプローチしてきたかが問われます。
営業職や販売職などで結果が出る数値とは異なって、調査を主体とした仕事を行うので、実際に仕事の結果が出にくい職種です。

様々なプロジェクトに関わった経験を詳細に話して、プロジェクトの中で市場などにどんな反響を得たのかを積極的にアピールする事が必要です。
また、最近はパソコンのスキルも問われていて、自分が持っているパソコンのスキルをアピールします。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業職に転職を考えている場合の注意点

営業職に転職するためには、経験した人であれば前職での営業の経験を材料にして、営業の実績や仕事に貢献した事などについて、はっきりと時系列に沿ってアピールする事が大切です。
前職でどのような内容の商品を売って、契約件数や売上件数や前月との売上の比較をアピールします。
また、個人か法人かの対象となる顧客先を把握して、営業の手法に関する詳細も具体的に述べると印象が良くなります。
営業の手法に関して、既に存在している会社を中心としたルート的な手法か、新規の会社を開拓する飛び回りの手法なのかを把握しておきます。

多くの会社では様々な営業戦略があって、営業戦略の手法を説明したり、どういうコミュニケーションのやり方で開拓をしたのかを伝えます。
さらに、営業の仕事においての独自的な工夫やアプローチの仕方などをアピールしておくのも良いです。
コミュニケーションのスタイルは、ただ単に積極的に話しかけて、信頼関係を築くだけではありません。

しっかり相手の話を聞いて、相手のニーズを聞きながら、相手の意向を叶える形でコミュニケーションを行う手法もあります。
応募しようとしている会社に対して、自分の得意とするコミュニケーションの手法を具体的に述べる事が大切です。

実績を提示する場合に、単なる数字だけにとどまらずに、仕事の工夫や顧客からの評価などをの具体的な事を伝える事が印象を良くします。
自分なりの戦略と能力をアピールするために、具体的な仕事のエピソードを伝えます。
posted by Wata at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業種別の転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。