2016年10月22日

資格取得は転職に有利かどうか

転職のために資格を取得する場合は、仕事の中で専門性としての経験やスキルをしっかりと理解する必要があります。
自分が専門性のある仕事に就く場合に、専門の仕事の方向性に合致した資格を取得する事が望ましいです。
自分の専門性の仕事とは関わらない資格をやみくもに取得しても、企業側にとってはただ単に勉強しているとしか思われなくて、時間を無駄にしているという印象を持たれてしまいます。

仕事を進めていく場合は、円滑に出来る能力やスキルなどの具体的な要素があって、資格は円滑に進めるための付属品と思う事です。
仕事は組織で成り立っていて、社内や社外の人間関係を作り上げる力や適切にやり取りをする力が必要です。
また、仕事上でのトラブルでも迅速に対応して、効果的に仕事を進める提案をできる事が重要です。

資格を取得してアピールをしても、資格の中の知識で業務に活用していく能力やスキルを持っていない場合は、結果的に仕事で直ぐに成果を上げることができないです。
従って、企業は職務経歴を鑑みて、応募者の能力などを知りたいために過去の経歴を知ります。
過去の経歴の中において、資格取得をしている事は仕事と直接関わらないので、採用の材料にはならない場合が多いです。

資格というものだけでは、自分の価値を高める要素とはならないです。
転職の時には、資格の取得と業務のスキルをバランスよくアピールして、資格にあまりこだわらない転職活動を行う考えも必要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。