2016年09月05日

役員面接の面接官

役員面接の面接官とは何度か話にできているように、部長クラス、取締役、社長などです。
このクラスは最近の学生のことや何十社もまわって就職活動をする苦労を全く知らない世代です。
ちょっとした敬語の間違いにでも厳しいかもしれないので最新の注意を払って接しましょ
う。

この時に最初に基本的な質問をするのが人事部長や総務系の役員です。
次に質問するのが関係する職種の担当役員や社長でしょう。
ここでも役員たちは採用の面接は面倒くさいと思っている場合が多いです。
本来の業務で忙しいですし、よくわからない若者のよくわからない話を聞くのにうんざりしています。

ここは専門的なことはきちんと答えて関連する知識を持っていることをアピールするのは
もちろんですが、老人相手に好青年を演じるといったイメージがよいかもしれません。
声は大きく、無駄なことは言わずにはっきりと要領を得た話し方をしてください。

ここで忘れていけないのは相手はお年を召している分、多くの社員や社外の人と接して来
ています。
ここに座って部長や役員になったということは仕事のできる人たちです。
普段は社員の管理に目を光らせているわけですから学生の小手先の演技など見抜いてしまいます。

できないことはできない。わからないことはわからないとはっきり言ってもいいでしょう。
しかし、足りない分を埋める努力をしたりその分を挽回する強い意思があるということをアピールして下さい。
面接官たちは学生が今の段階で何ができるかを求めてはいません。
何かをするための強い意志があるかどうかを知りたいのです。

自分の中の強い意志があればそれは世代の壁を越えて、地位の差を超えて面接官の心に届くはずです。
ぜひ、物おじすることなく、自分の言葉でアピールして下さい。
タグ:役員面接
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用担当者の視点_面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。