2016年08月23日

一次面接の対応の仕方

そうしていよいよ面接です。何度も言ってることですが、第一志望の前に必ず複数の会社の面接
を受けて下さい。全くの初めては必ず緊張しますし、うまく自分の言いたいことが伝えられない
ことが多いでしょう。

機会があれば模擬面接など面接のリハーサルができるといいでしょう。
大学の就職課などで面接の指導をしてくれるところもあります。
また民間の面接対策講座のようなものに参加してみてもいいでしょう。
自分の面接を客観的に見てもらい第三者に評価してもらうことは非常に大事です。
そのような機会があったらぜひ活用してみて下さい。

第一面接は企業の採用担当者の場合が多いです。二人以上いたら実際の技術系社員や営業系社員
など募集職種に関する業務についている社員のことが多いです。
彼らは専門的な質問をするためにそこに座っています。

さて面接のガイドブックなど対策法など世の中にたくさんあります。
どれも真実であり間違いではないと思います。
面接官も人なので好みがあると思います。
しかし、好みに左右されるようでは本当に優秀な学生とは言えません。
本当に優秀な学生は誰が見ても、たとえ学生が面接をしても「この人を採用したい」と思わせる
ような学生の事です。

しかし優秀な学生とはマニュアル通りにぺらぺらと面接で発言できる人のことではありません。
聞かれた質問に答える、ということができない学生が大勢います。
どうしても用意してきたことを暗記してそれを言おうとしてしまうのでしょうか。

それでは面接官には聞いた質問に答えてもらえなかったいう不快感が残ってしまいます。
面接は質問に答えるシンプルなものです。ある程度、志望動機ならこんなこと、自己アピール
ならこんなことと大筋でまとめておくことは必要ですが、面接でそれをそのまましゃべらずに
聞かれた質問に沿うような形で答える言うことを意識してください。
ラベル:新卒 一次面接
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

グループ面接の対策方法

新卒の採用では特により多くの学生と面接するためにグループ面接が行われることがあります。
このグループ面接が曲者です。
ある程度長い時間を取ってくれればいいのですが、5人で15分ということもあり得ると思い
ます。その場合は一人3分です。
3分で担当者に印象付けることができますか。
グループ面接では他の学生に埋もれずに自分の印象を残すことが大事です。

しかし、ここでいう印象を残すとは突飛な体験や目立つ行動を指すものではありません。
みんなが話すことは似たり寄ったりかもしれませんがそれが真実のストーリーなら内容はそれで
かまわないと思います。大切なのは「相手の目を見て、しっかり、伝わるように話す」ことです。
みんな緊張していて時間も限られているの中でそんなに内容に差が出るとは思えません。

もし誰よりも素晴らしいとても印象に残るようなエピソードを用意していても印象づける話し方
ができなければ意味がありません。
ここでは話し方で差をつけるということを意識してみて下さい。
内容が全く同じことを言っていても堂々としっかり発言することができれば、それが面接官に印
象が残ると思います。

例えば海外に留学した、インターンシップで職業体験をした、サークルで部を優勝に導いたなど
華々しい体験を語る学生もいるでしょう。
しかし、その雰囲気に飲まれないでください。
見栄えのいい話が採用につながるとは限りません。
企業が求めているのは大学時代に活躍した学生ではなく、学生時代に活躍した話をうまく伝える
ことができる学生なのだということを忘れないで下さい。

他の学生の話を聞いて士気が下がってしまえばそれは面接官に伝わってしまいます。
他の学生の話はどんな内容でも堂々と聞き流しましょう。
グループ面接は自分のみを見てもらえる個人面接と違って他の学生と差をつけるということを意
識しなければなりません。
それが個人面接とグループ面接の大きな違いです。
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自社でのセミナーの場合

会社の社屋そのものでセミナーが行われる場合も多いでしょう。この場合は自社でやるの
で移動や荷物の運搬もなく他会場でやるよりは採用担当者も気持ちに余裕があります。
この場合はいくらかアットホームな雰囲気の中で行われるでしょう。

一概には言えませんがここでは先輩社員が出てくる確率が高いですし、うまく行けば大人
数が出てくるかもしれません。
セミナーの後に、質問会などの先輩社員との交流といった機会が設けられる場合が出てき
ます。

この機会は実際の社員にいろいろ直接質問ができるチャンスです。
仕事上、気になっていることなどを質問してみましょう。
しかし、ここで注意しておきたいことは出てくる先輩社員が多いほど、その意思の統制が
取れていない場合が多いということです。

仕事の内容は信頼できますが、仕事に対する取り組み方や、働くことに関する意見などは
個人的な意見である場合が多く、個人差が多いです。
可能であれば一人の先輩社員だけでなく複数の先輩社員の意見を聞けた方がよいでしょう。

あと彼らも人間です。
忙しい業務の中、いやいや対応をしている社員もいるかもしれません。
業務が忙しい会社の場合は他部署の人間は基本的に採用に協力するのを嫌がります。
採用のある人事部を目の敵にしている人も多いです。

そのあたりの不満が高い場合というのはいい会社とは言えないかもしれません。
会社への不満はないのかどうかということも聞いてみてもいいかもしれません。
もしあたりさわりない答えが返ってくればそれは嘘の確立も高いでしょう。

後、入り口や会場までの廊下やトイレなど隅々を見ておきましょう。
実際に働くことになるかもしれない場所です。
他の社員なども目にすることがあったらせひその雰囲気を見ておきましょう。

また、昨今ではそういういうことも少ないかもしれませんが、飲み物を出される会社もあ
ると思います。緊張して変な飲み方はしないで下さいね。
こういったところでも会社のカラーが出ると思います。

ホテルや貸しビルで開催されるよりも自社でセミナーが行われる方が会社の雰囲気が一気
に出やすいです。
自社でセミナーをやる方がラッキーと思ってもよいでしょう。
ラベル:自社セミナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。