2016年08月26日

セミナーの準備は大変

ここでは学生の皆さんには関わりのないことですが採用担当者のセミナー裏側について話
します。
みなさんが当たり前に参加しているセミナーですが、その当日を迎えるまでには紆余曲折
いろいろあります。

準備は秋から始まります。自社ではない場合はその会場予約でさえも大変です。
参加する社員のスケジュールも押さえないといけません。
当日使うプロジェクターやノートパソコンの備品も押さえないといけません。
またプレゼンの内容は毎年リニューアルしないといけません。
技術系や営業系など専門部署の仕事内容についての詳しいプレゼンがある場合にはその依頼
もしないといけません。

しかし彼らには本来の仕事があります。
忙しいのになぜ採用に時間を割かないといけないのかと文句を言われます。
しかし、ここで依頼する人物は会社でも仕事のできる期待の社員、または敏腕の管理職です。
彼らのイメージが会社の顔ともなるのでここで出てくるのは選り抜きの社員です。

しかし、彼らは採用の苦労も知らないので、着いた時の会場が狭いとか椅子が固いとか文句
を言うかもしれません。
それもなだめすかしてほっと息つく間もなく、受け付け開始前に来る学生もいます。

だらけてる姿は見せられないので、平静を装って「○時○分から受付開始です。
もう少しお待ち下さい」となんとか答えます。
早いからこの学生は優秀と思う心のゆとりもないかもしれません。
むしろ早すぎても困るとさえ思うかもしれません。

セミナーが始まったら始まったで進行通り進むのか、プレゼンは時間が長くなりすぎないか、
担当は気が気ではありません。
そしてここで偉そうに挨拶したり、プレゼンしたりする社員も当然すごく緊張しています。
こんな100名近くの前でプレゼンする機会なんてそうそうありません。

社員だって人間です。
平静を装っていますが、会社側も緊張と不安の中でセミナー当日を迎えています。
あなたもセミナーに参加した時に、この人が採用担当者でこの人が手伝いの事務員で、この
人は上司かな?他部門からの協力の技術系、営業系の社員なのかなと違う視点で見てみて下
さい。
その会社の人間模様が伺い知れるかもしれません。

2016年08月25日

圧迫面接を乗り切るためには

みなさんも圧迫面接という言葉は聞いたことがあるでしょう。
圧迫面接とは鋭い質問をして学生が答えに詰まるまで追及したり、文字通りに圧迫する面接です。
経験としては受けた方がいいとは思いますが、第一志望の面接が圧迫面接だった場合の対策につ
いて話します。

まず、圧迫面接は何のために行うのでしょうか。
企業により目的は多少異なるかもしれませんが、だいたいは「窮地に陥っても冷静に対処できるか」
を見ていることが多いです。

圧迫面接では答えたことに対して「それがなかったらどうするのですか」とか「なぜ、そうするの
ですか」とか、どんどん答えを掘り下げていくパターンが多いと思います。
質問に答える過程の中で嘘を言ってしまうとどんどん自分でも答えに詰まってしまうと思うので嘘
は言わないで下さい。

本当のことをずっと言えば最後まで本当のことを言えばいいわけですから、答えに詰まることも少
なくなるはずです。

また、質問を掘り下げられた時は、そこまで深くは考えていなかったことを正直に言ってもよいで
しょう。
ただその際は今後どのように取り組みたいのかなど、未来に向けての抱負などいい方向に転換する
ようにして下さい。

さらに一番大事なのは答えにつまらないこと、だまらないこと、自信のないように小声にならない
ことです。
企業は困った状況においても堂々と前向きに打開策を導き出せる学生を求めています。
困っても堂々とした態度はくずさずに、はっきりと発言しましょう。

しかし、就職の面接で答えにつまることと、仕事で窮地に陥った時に冷静に対処できないのは同じこ
となのでしょうか。
本当に圧迫面接は必要なのでしょうか。
面接は学生の良さを引き出すものだと私個人では思ってしまいますが。

いずれにせよ、圧迫面接に会った場合に、そんな圧迫面接をするような企業が本当に自分の第一志望
なのかどうかということも考えてみて下さい。
仕事をして困るようなことがあっても自力で立ち直れる人材を求めている会社ということなのですから。
ラベル:圧迫面接 新卒
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

役員面接の合格方法

役員面接に行くまでに2次面接、3次面接とある場合がありますが、ここでは最後の役員面接
について話したいと思います。
役員面接は合格できれば内定なのです。
その学生がそこの社員になるかどうかを決める重要な場です。

重要な場面だけに面接官は役員や総務部長、会社によっては社長本人が出てくることもあります。
話がそれますがここで社長に気に入られてしまえばまず内定は間違いないです。
会社というのはすべての決定権は社長にあることがほとんどです。
しかし、それは社長と偶然にもフィーリングがあった場合のみなので奇跡みたいなものです。

もっと手堅い話をしますと、役員面接ではとにかく礼儀が大切です。
よく緊張のあまり、入ってすぐに座ってしまう学生もいますが、入室して名前を名乗り、担当者
に「座って下さい」と言われてから座るようにしてください。
こういう基本的な礼儀ができないと役員の目は一気に厳しくなります。

ここでも面接官が複数なら技術系や営業系などの希望職種を担当する役員がいるはずなので専門
的な分野でのアピールができるとよいですね。
ここでは社員として採用するにあたって問題のない人物だと思わせるために冷静に対処してくだ
さい。

お年を召している方も多いので声は大きく、雰囲気に押されないようにはっきりとしゃべりまし
ょう。
内容はここでも質問に対する答えとなっていれば手堅いもので十分と思います。
会社にいるときの役員などは偉い人のオーラを放っているものなのでその雰囲気にのまれてしど
ろもどろになるのだけは避けて下さい。
堂々と、冷静にを心がけて下さいね。

また、面接官の方々は何人も学生の面接をして疲れています。
お偉い方々は特に若い人のだらだらとした要領を得ない話は嫌いです。
無駄な発言は避けるよう、具体例も交えつつすっきりと要点を話すことが重要です。
ラベル:役員面接 新卒
posted by Wata at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新卒採用_選考過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。